夫に惚れ直す瞬間

「そうよ、せっかくアンブロシアなんてお宝見つけたのよ!少しなら分けてあげるから倒しちゃってよあの二匹!」
 
「ひぃぃぃぃぃぃl、死ぬぅぅぅぅぅ、今度こそ、もう、本当に死ぬぅぅぅぅぅ!」<a href="http://www.watchsrecent.com/男女両用のwatches-lvjkmnu-14.html" title="ck 腕時計">ck 腕時計</a>
 
黙れこのヒューマントリオ。出現のタイミングといい、完全に僕らの後をつけて来てただろうが!いつの間にアンブロシアの発見者に納まってらっしゃるのかね!
 
こんなことなら下手糞な尾行をしてた三人組をさっさと撒くんだった!様子見をしようと慎重に振舞うんじゃなかった。
 
害は無いかと思って泳がせていたのが完全に裏目った。どうとでも出来るって気持ちも少々あったのは認める。
 
ついでにお宝がどうのって喚いてるの、何か見覚えがあるぞ?確か娼婦のお姉ちゃんだったような……。冒険者だったのかよ。
 
人からは亜人だなんだと言われ、亜人や魔族その他からは不細工なヒューマンと看做され……。どんな可哀相なコウモリだ僕は。
 
「若様~食べていいですよね?コレ、全部ヤッチャッテいいですよね?だって二人の時間をこんな台無しにしてくれている雑魚ナンデスモノ、食べますよ?イイデスネ?」
 
「駄目ーーーーーーーーーーー!澪だめ、待て!」
 
小脇に抱えた澪さんの危険域の呟きを全力で否定する!辺り一帯を食い散らかすつもりだ、これ!だって地面見て話してるもん!
 
八方ふさがり!正に四面楚歌。どうするよ、どうすりゃいいのこれ!
 
(若。何とも愉快なことになってますな)
 
おお従者その一よ!起死回生の策が到着か?四方が駄目でも空があるってか。
 
(巴、巴か!何とか出来ないかなこれ!)
 
(……澪と二人でデートに行ってしまうような主に頼まれ事をされましても)
 
(いや、違うじゃん?僕妖精と話に来ただけじゃん。澪一人だといなかったことにされて胃袋に収まりそうだったからさ!)
 
状況見てて声かけただけとか巴、お前それ今やるのKY過ぎるっす。
 
良いから助けろトモエモン!
 
(ヒューマンなんぞまで連れて大層楽しそうですなあ)
 
(尾行じゃん!?巴、頼む!もう水田でも刀でもいくらでも試作すればいいからさ!何か策があるならやってくれ!)
 
(…!そのお言葉待っておりました!信賞必罰は世の真理!ヒューマン三匹を亜空に迷い込ませますので適度に爆発っぽいものに巻き込ませてくださいませ。後は若が澪をいなしながらその森鬼と話をつけると良いですぞ)
 
森鬼!
 
鬼やん!妖精ちゃうやん!しかも結構馬鹿なこと約束した!亜空に確実に刀工と水田が生まれるよう。
 
結構いかつい種族名判明したね。鬼族ってここだと妖精に入るんだろうか。
 
「コロスコロスコロス…」
 
レイプ目~、レイプ目きました~。<a href="http://www.watchsrecently.com" title="メンズ ファッション 腕時計">メンズ ファッション 腕時計</a>
 
澪が超危険域に突入。巴さん、早く頼みますよ!
 
早く矢を雨みたいに降らせておくれよ森鬼さんA。
 
「死ね!」
 
「なんとかして!」
 
森鬼からヒューマンPTへ。そしてそこから僕へ。言葉が飛んできた。
 
うしゃ良い感じに矢雨が飛んできましたよっと。
 
ヒューマンの全周囲に炎の壁を作る。増殖するものの矢本体は木製。特に速度に補正がかかった様子もないので。
 
地面から吹き上げた見せ掛け重視の炎の層でも多少厚みがあれば十分に焼き尽くせる。矢尻まで焼き消すことは出来なくても勢いさえ死ねば矢の攻撃力は無いも同然。
 
…火傷くらいは許せよ。
 
三人の気配が消えるのがわかる。いい具合に突如現れた炎の壁にパニックを起こしていたようで抵抗も言葉らしい言葉もなく巴に呑まれたようだ。
 
ようやく澪と妖精の鬼さんだけになったか。
 
「澪、おい澪!」
 
返事がない、ただの
<a href="http://www.watchsrecent.com/calvinクライン-lvjkmnu-15.html" title="http://www.watchsrecent.com">http://www.watchsrecent.com</a>

Yorum Yaz
Arkadaşların Burada !
Arkadaşların Burada !